ごあいさつ

初めまして保坂憲作と申します。42歳で妻と3歳の女児がおります。

柔道整復師・鍼灸師免許取得後、整形外科、デイサービスの機能訓練士、整骨院の分院長、副院長を経て、頭痛・顎関節専門のはりきゅう・整体院を開院致しました。

院長近影1

色々な患者様を施術させて頂いて感じたことは、急性期のケガは比較的すぐに良くなりますが、慢性痛に関しては、長くかかってしまう場合が多いということです。今まで頑張ってきたけれど、戻ってしまったり、また痛めてしまって自信を無くされている方も多いのが現実です。

慢性痛の場合、ストレスやトラウマ、思考、環境なども影響します。当院では、病院とは違う観点からアドバイスさせていただきたいと思います。また東洋医学、西洋医学からの観点からもアドバイスします。

お悩みについて諦めてしまっている方、一歩踏み込めない方、楽しい施術を受けてみませんか?

院長近影2

楽しい施術というのは、例えば共通の話題で盛り上がったり、何気ない会話をしたり…。そんな笑顔になれる空間の中で施術を受けて頂くことで、きっと心も和むはずです。
私は施術が好きで楽しいので、きっと患者様も楽しんで頂けると思います。

「一期一会」
一度の出会いに感謝して、
長くお付き合いさせて頂きたいと
思っております。
患者様に満足して頂けるように、
私自身も成長し続けていきますので
どうぞよろしくお願いいたします。
経歴
医療法人社団 仁秀会 白石整形外科
まりあ整骨院分院長+機能訓練士
拓北ひまわり通り整骨院 副院長
整体の西田塾にて整体・美容整体の課程を修了
プロフィール
札幌市立上野幌中学校卒業
北海道立札幌白石高校卒業
北海道ハイテクノロジー専門学校 柔道整復師学科卒業
北海道鍼灸専門学校 鍼灸学科卒業
特技:剣道2段、書道3段
趣味:ミニバレー、麻雀、将棋、運動
院長近影2
外観02
外観02
外観02

治療家になろうと
思ったきっかけ

「大好きな私の祖母の辛い足腰を自分で治してあげたい」その気持ちがきっかけとなり治療家を目指し始めました。

幼い頃に両親を亡くして親戚の家に預けられた私の祖母は、学校には通わずに家業である農業を手伝いながら育ちました。そのためか、足腰が悪くなるのが早く、私が物心ついた時には鍼灸院に通わなければならない状態だったのです。

院長近影2

そんな祖母の喜ぶ顔が見たくて、蘭越町から泊まりに来る度にマッサージをしてあげるのが、小学生の頃から私の楽しみでした。少しでも喜んでもらえるのが嬉しくて、一生懸命マッサージをし、そのうちに「もっと良くなってほしい」という思いが強くなってきました。

その強い思いのもと、私は治療家を目指すようになり、私はついに国家資格を取得。実際に施術して喜んでくれた祖母の姿を見たとき、治療家になって良かったと心から感じました。そんな祖母も2019年10月に他界し、今後は患者様の喜びのために施術していきます。

施術で
心掛けていること

患者様と信頼関係を築くことです。

なぜなら、患者様は施術後の効果に対して気を使うことがあると思うからです。あまり効果を感じてなくても「楽になりました」「すごく良くなりました」と言ってくれます。

院長近影2

そこで「本当は?」と聞き返して始めて「ここがちょっと…まだ…」と本音を言ってくれます。

「この先生なら分かってくれる」と思って頂けるように説明や振る舞い、声のトーンや速さを心掛け、気を遣わずに、本音で話せる信頼関係を築いていくことを目指します。

院内紹介

院内の様子01
院内の様子02