このようなお悩みの方に
おすすめです

  • 子どもの怪我
  • 冷えを感じる腰痛
  • スポーツでの怪我(テニス肘、捻挫、肩の痛みなど)
  • 寝違えやギックリ腰などの急性症状
  • 内臓調節(便秘、下痢、 ガスが溜まる、胃のムカムカ、食欲不振など)

上記以外にも
幅広い症状に適しております。
お気軽にご相談ください。

最小限の鍼で 最大限の効果
「アキュゾーン施術」

当院では、鍼灸療法として、自然治癒力を上げることを目的とした「アキュゾーン施術」を採用しています。

米国在住の日本鍼灸師が考案し、主にアメリカで行われているハリ施術で、最小限の鍼で最大限の効果を上げるのが特長。今痛みがある箇所のみを重要視するのではなく、全身の状態をチェックして根本的な原因を探し、身体の状態を根本的に改善させるお手伝いをします。

自然治癒力は「脳」が不調の部分を認識した時に発揮されるものなので、まずは脳に認識させる必要があります。当施術は、原因と関係する場所を鍼で刺激し「脳」に認識してもらうことで人間が本来持っている自然治癒力を促していく施術方法です。

また、触診で反応点(原因と関係する場所)をチェックし、関係するツボに鍼を打っていくので、最小限の鍼で最大限の効果が期待できます。2~7本と少ない鍼数、さらに低刺激なので、お子様でも受けて頂けます。

施術の流れ

1回の施術の流れをご紹介します。

触診(圧痛点確認)

痛みや不調に関係している場所(直接痛みを感じていない場所も含めて)を押して、反応点をチェックし、印をつけていきます。

  • 脳に痛み・不調の箇所を再確認して頂きます(自分では気づいていない部分も認識)
  • 根本的な原因となっている箇所を脳にインプットさせることで、本来持っている自然治癒力を促すことができます。
鍼を打つ

チェックした、不調の原因に関係あるツボに鍼を打って、神経を刺激していきます。

  • 刺激することで、脳から「そこを治せ」と指令を出させます。鍼によって自然治癒力を促すのです。チェックした反応点の痛みがなくなるか半減していたら、本日の治療は終了です。
  • 冷えがある場合は鍼の上にお灸をのせる灸頭鍼という施術法を行います。
評価
  • 抜鍼後の効果を評価し、必要に応じて症状が残っている部分に対しての刺鍼(タッチアップ)を行います。