おはようございます。札幌頭痛・顎関節専門 手結整体 院長の保坂です。

国家資格:(柔道整復師、鍼灸師)

整形外科リハビリ、鍼灸整骨院の副院長、デイサービス併設の分院長

➡施術人数5万人以上の実績

その経験からの気づき、アドバイスしてますので、ぜひご覧ください!

 

国際頭痛分類

「慢性片頭痛」

A.片頭痛様または緊張性頭痛様(注1)の頭痛が月に15回以上の頻度で3ヵ月を超えて起こり、BとCを満たす

B.1.1「前兆のない片頭痛」の診断基準B~Dを満たすか、1.2「前兆のある片頭痛」の診断基準BおよびCを満たす発作が、併せて5回以上あった患者に起こる

C.3ヵ月を超えて月に8日以上で、以下のいずれかを満たす(注2)

  1. 1.1「前兆のない片頭痛」の診断基準CとDを満たす
  2. 1.2「前兆のある片頭痛」の診断基準BとCを満たす
  3. 発作時には片頭痛であったと患者が考えており、トリプタンあるいは麦角誘導体で改善する

D.ほかに最適なICHD-3の診断がない(注3~5)※ICHD-3は国際頭痛分類第3版

注1:頭痛が頻発する、あるいは持続する患者においては個々の頭痛発作を鑑別することが困難であるため、反復性片頭痛から1.3「慢性片頭痛」を独立させた。実際、頭痛の症状は日によって変わるだけでなく、同じ日の中でさえも変化することがありうる。そのような患者では、頭痛の自然経過を観察するために休薬を続けることは非常に困難である。このような状況においても、前兆のある発作も前兆のない発作も、緊張性頭痛様の頭痛も同様に数える(ただし、二次性頭痛は含まない)
 
注2:頻回再発性頭痛の特徴を明らかにするためには、少なくても1か月間、痛みおよび関連症例について記録した頭痛ダイアリーを毎日つけることが通常求められる
 
注3:1.3「慢性片頭痛」の診断基準には緊張性頭痛様の頭痛が含まれているため、その診断において 2.「緊張性頭痛」およびそのサブタイトルは除外される
 
注4:4.10「新規発症持続性連日性頭痛(NDPH)は、1.3「慢性片頭痛」を示唆する特徴をもつこともあいうる。慢性片頭痛は、1.1「前兆のない片頭痛」または1.2「前兆のある片頭痛」(あるいはその両方)から時間経過とともに進展する。したがって、これらの診断基準A~Cを満たす頭痛発作が、明らかに連日性であり、初発から24時間未満で非寛解性となる場合には、4.10「新規発症持続性連日性頭痛(NDPH)にコード化する。患者が発症の仕方を覚えていない、あるいは不明確である場合には、1.3「慢性片頭痛」にコードする
 
注5:慢性片頭痛を示唆する症状の最も一般的な原因は、8.2「薬剤の使用過多による頭痛(MOH)」において定義されている。治療薬の過剰使用である。1.3「慢性片頭痛」とみなされる患者の約半数は、薬物脱却後に反復性片頭痛に戻る。
 

慢性片頭痛

慢性片頭痛は、頭痛が月に15回以上の頻度で3か月を超えて起こり、

少なくとも月に8日の頭痛が片頭痛の特徴を持っている。

 

「慢性緊張型頭痛」、「新規発症持続性連日性頭痛」「薬剤の使用過多による頭痛」
 
との鑑別診断が必要である。
 

まとめ

当院に来ている患者様の多くは、

慢性片頭痛薬剤の使用過多による頭痛

であると思います。

 

 

ある程度(5回)施術した後に、薬を止めても頭痛が起こらないのは

すごいことだと思います。

 

当院は病院ではありませんので、脳波やMRIを用いての診断はできません。

手で触って判断します。

 

できることは、

  • 頭や顔の歪みを整える
  • 顔の筋肉の固くなっている所をほぐす
  • 日常生活の癖を直すようにアドバイスする

ということです。

 

最近、良くなっている患者様が多いのは、本当に嬉しいです。

 

病院で、脳波やMRIで調べますと、命に関わる疾患はある程度除外されます。

そうなると一次頭痛の「片頭痛」「緊張性頭痛」「群発頭痛」

なります。

 

そうなると、整体鍼灸でも施術が可能になります。

 

お困りの方は、迷っていないで1歩踏み出してください。

 

ご連絡お待ちしております。

 
 

 


 

当院はより患者様のお悩みに対応するため完全個室、完全予約制のはりきゅう・整体院で

 

マンションの一室でサロンのような治療を提供しております。

 

整骨院や接骨院のように、各種保険を使っての治療はできません。

交通事故のお取り扱いはありませんでの、ご了承ください。

 

しかし、ぎっくり腰や腰痛、肩こり、スポーツの怪我の診療も受付しております。

マッサージや骨盤矯正、美脚矯正もございます。

 

ネット検索では、

札幌 頭痛 (おすすめ、紹介、評判、改善、人気)で検索されて来院されています。

 

ホームページサイトに記載している「起立性調節障害」も来院されています。

 

「まなぶん」に掲載されましたが、「起立性調節障害」は増えており、

改善が難しいです。

しかし、自律神経を調整して良くなっているお子さんもいます。

 

 

なぜ痛みが出ているのか?」

なぜ頭痛薬が効かないのか?」

「なぜ」を詳しく説明しております。

 

全て自由診療で「各種保険を使わない施術」です。

顔や頭から足首までの「矯正」や「はりきゅう」治療を提供してます。

全身の変化をご実感ください。

当院では治療の質を維持するために、 1日最大限定7名しかご予約をお受けしておりません。

また、新規の患者様は1日1名様に限らせて頂いております。

もしお悩みがあるようでしたら、今すぐご予約ください。  

治療ベット1台、ポータブルベット1台完備

 

☆店舗情報

札幌頭痛・顎関節専門 手結整体

北海道札幌市白石区南郷通1丁目北8-8 フェスタリア白石101

地下鉄白石駅7番出口 徒歩4分

 

お車の際、専用の駐車場がないため、南郷周辺の駐車場をご利用下さい!

【タイムズコナミスポーツクラブ白石・ディノスボウル札幌白石】

(お客様のご負担となります。予めご了承ください。)

 

営業時間:月曜日~金曜日 10時~13時、14時30分~19時30分

土曜日 10時~16時(休憩なし)

(※ご予約は終了時間の2時間前までにお願いします)

「こころづかい」「あいさつ」「へんじ」「えがお」

を当たり前の事を当たり前にするように心がけています。

 

ただいま、求人は募集していません。